団員紹介

3回生〈幹部〉

福岡大学応援団

第61代 団長

桐 航洋

 

法学部経営法学科

長崎県長崎県立長崎東高等学校出身

 

 

団員全員が厚い信頼を寄せているこのお方。このお方の演武は日々の練習で培った力強さと一回生の頃から通い続けていた日本舞踊で習得した美しさを兼ね備えている。練習時の指導は非常に的確かつ厳格であるものの、下回生の健康を第一に考えておられ、団員の士気向上には欠かせないお方である。また、人との繋がりを何よりも大切にしており、OBやOGの方々、他部活、他大学、そして地域の方々との交流を積極的に行っている。目上の方々に対しての立ち振る舞いは大人を驚愕させるほどに見事である。これからの応援団の、いや、福岡大学の顔として日々の活動に努めてくださるに違いない。

福岡大学応援団

副団長

平岡   伸吾

 

法学部法律学科

山口県立大津緑洋高等学校出身

 

 

副団長を務めておられるこのお方。リンゴを握り潰すという伝説を持たれており、このお方の筋肉のすごさを物語っている。また、二回生の頃は旗手として団旗を持ち、親衛隊になりこのお方が旗手長として団旗を持つ機会がほとんどなくなった頃に、団旗が新しくなり、より重く、大きくなった。その頃の二回生の旗手が独力であげるのに何度も苦労していた旗を、このお方はほんの数回であげてしまった。万が一怒りで暴れ始めてしまうと、止められる団員は今の団にはいないだろう。そんなこのお方だが、親衛隊の頃に渉内としてブラスバンドやチアリーダーの方との連携をとるという役割を果たし、応援指導部としての活動を裏で支えられた。これから、副団長として、この応援団を陰から支えてくださるに違いない。

福岡大学応援団

リーダー長

新山 桃花

 

人文学部文化学科

福岡県立博多青松高等学校出身

 

 

リーダー長を務めておられるこのお方。このお方は日々自身の演武向上のために努力し、後輩の演武向上のためにご尽力なさっているのである。またこのお方、団内一恋多きお方なのである。練習後、いつも誰かと恋愛相談をしておられる姿を目にする。しかし、我々団員は、鬼のような形相で練習されたり、時には、女性とは思えないほどの激を飛ばされたり、男にも負けないほどの大声を出すお姿を見ているため、このお方の乙女な姿が全く想像できないのである。どうやらこのお方から繰り出される恋愛テクニックによって世の男性はメロメロになっているらしい。そのお姿を考えただけでも、、、、、失礼いたしました。まさに魔性の女なのである。このお方であれば、演武と恋愛、二つの面で応援団を導いてくださるに違いない。 

福岡大学応援団

親衛隊隊長

角田 祥梧

 

工学部電子情報工学科

熊本県熊本市立必由館高等学校出身

      

 

親衛隊隊長を務めておられるこのお方。このお方は後輩の指導にとても情熱を注いでおられる。例えば、日々の練習内容を考える際に効率良く練習出来るように考えてくださっている。また、分からない演武の動きなどがあれば納得の出来るところまで親身に付き合っていただいている。この方は何事も論理的に考えて実行されており、後輩たちにもその教えを説いているのである。その上で自身の演武の向上もされていて、その向上心は果てしないものである。さらに、勉学の成績も優秀であり、3年の前期が終わった時点で卒業に必要な単位数が残り十数単位ほどなのである。今後もこの方が団員たちを次の段階へと導いてくださることは間違いないだろう。

福岡大学応援団

統制長

大塚 朗

 

工学部電気工学科

長崎県私立海星高等学校出身

      

 

応援団の誰よりも応援に対する想いが熱いこのお方。その想いは福大だけに留まらず、ホークスにまで及んでいる。ホークスが好きすぎるあまり、他の球団の応援歌まで幅広く知られておられるため、このお方は応援歌に強いこだわりを持っておられる。応援歌のことはこのお方に聞けば万事解決である。また後輩への想いも人一倍強く、全ての後輩を平等に愛してくださっている。そのため相談事をすると自分の体験をもとにこのお方の考えを熱弁してくださる。今後は活動外での団員の指導を担う統制長として部活動を含めた団員のさらなる悩みを解決してくださることだろう。

福岡大学応援団

幹事長

田中 剣人

 

経済学部経済学科

福岡県立香住丘高等学校出身

 

 

幹事長を務められるこのお方。このお方の目つきはとても鋭くメラメラとした闘志を感じる。寮ではカーテン越しに演武の練習をしている影が見ることができるほど練習熱心である。それほど応援団に対してブレない熱い心を持たれている。

しかしこのお方はこれほど応援団に対して情熱を捧げているにもかかわらず常に冷静である。少しでも無駄な経費があると「もったいない」と低く気持ちのこもった声で指摘をされる。その指摘は常に的確あり、応援団を縁の下で支えられている。このお方がおられる限り、応援団の活動はどんな困難に直面しても円滑にまわるだろう。

2回生〈親衛隊〉

大戸 球史(鼓手長)
 
工学部機械工学科
大分県立爽風館高等学校
この男、後輩や、同期、はたまた先輩に対して「俺は田舎のスターだ!」と自慢しているのである。また、「俺の武勇伝を聞け!」とよく聞かされるのであるが、何がかっこいいのかさっぱり分からない。また、その言動や行動から、裏では「都会に来てネジが外れた中二病患者」と囁かれている。どうにかして中二病を治そうと団員で努力しているのであるが、治りそうにない。また少しでも強く言うとすぐへこんでしまう。俗に言う「豆腐メンタル」のため、この男の扱いはとても難しい。誰かこの男のトリセツを作ってもらいたいものである。
そんなこの男であるが、鼓手長として、太鼓のバチを持つと、とても力強い音を響かせる。また、後輩への指導もとても具体的で、分かりやすい。また、リーダーに立った時の演武も力強く、応援団での行動はとても団員全員から尊敬されている。とても頼りになる男である。
そんなこの男の今の目標は「女性と普通に喋れるようになる」だそうだ。

中島 史貴(旗手長)

 

経済学部 産業経済学科
岡山県私立就実高等学校出身

 

 

この男、後輩ができたことにより、人一倍指導を頑張っている。だが、この男は国語が苦手であり、「指導で何を言いたいのか、わからないことがある」、と、一回生が文句を言っていた。実際、この男の司会、学注は、同期の訂正がないと見ていられないほどに文がぐちゃぐちゃなのである。
しかし、そんなこの男、旗手長として旗を持ち、「言葉はいらない、背中で語る」ことの出来るかっこいい男なのである。この男の場合は、日本語を使うより行動で示した方が伝わるということを気づく日は来るのだろうか。

園田 浩太郎(会計)

 

経済学部 産業経済学科

鹿児島県私立出水中央高等学校出身

 


見るからにひょうきんそうなこの男。実際にその性格は明るく、団室などで雑談をしているときは周りに話題を振ったり後輩をいじったりして場を盛り上げるムードメーカーとなっている。しかしその取っつき易い性格が災いしてか、先輩から楽しそうにいじられている姿が度々目撃されている。
このように普段は団員全員から愛されるキャラのこの男だが演武のことになるといつもの笑顔を凛々しい顔へと変え、誰よりも熱心に練習に励んでいる。2回生の中でたった1人のリーダーとして1年間を過ごしており、その実力とリーダーに対する思いは2回生の中で一番である。
ついに親衛隊となったこの男はオンとオフ両方の面で応援団を支えてくれることだろう。

1回生

廣田 祐哉

 

 

理学部応用数学科

広島県私立広島城北高等学校出身

 

 

この男、低い身長に比例して脳みそまで小さいのかとにかくバカなのである。普段から、自分が何を言っているのか分からずに他人を困惑させたり、3歩歩けば嬉しいことも悲しいことも全て忘れてしまっているのだ。勉学に関しても、大学に歩いて3分もかからない家に住んでいるにも関わらず、モノによっては講義も平気でサボり、この男に落とせない単位はないというレベルの学力になってしまっているのだ。しかし、応援団での活動中には彼なりに考えて仕事を手伝おうと積極的に動いたり、平日ではない日の遠征や試合応援も率先して向かおうと頑張っている。内心は心優しい男なのだが、そのバカさから他人を勘違いさせてしまい、怒らせるということがたまにあるので、団員も活動先の方々も温かい目で彼を見守って頂きたいものだ。

平松 拓也

 

理学部応用数学科

広島県私立広島城北高等学校出身

 

 

目つきが悪い無愛想そうなこの男。目上の人の前では温厚な場面を見せているが、真の姿はその逆なのである。先輩方が居なくなった途端、団室で奇声を発することから同期からは「奇声厨」と呼ばれている。
他にも様々なアニメキャラクターのモノマネはもちろんのこと、最近では様々な女性タレントのモノマネもするようになったのである。常に男だらけの世界で活動しているせいか、ストレスが溜まり、女性に飢えているのだろうか。同じ寮の先輩であり、同じ応援団の先輩でもある幹部のO塚さんのように出会いを求めるのをこの男にも必要なのかもしれない。
この男に心の中の癒しの存在ができるのを私は強く願っている。

長井 幹

 

商学部商学科

鳥取県立米子西高等学校出身

 

 

ひょっとするとこの男を見てハンサムボーイと思った女性もいるかもしれない。申し訳ない。残念ながらこの男、団員皆揃って言うほどの極度の虚弱体質なのである。軽く足を踏んだだけで「痛‼」と大声を上げたり、少し背中を痛めただけで「あばら骨が折れた。」などと訳の分からないことを言い出すのである。
さらに最近この男、些細なことで同期に怒り出すようになってしまったのである。そのせいか目つきが以前と比べて怖いものとなってしまい、親衛隊のN氏には「目尻がブスだぞ。」と冷やかされてしまうようになってしまった。
この男の体の弱さと短気の原因はきっとカルシウムの摂取が欠けているに違いない。是非ともこの男の誕生日には「干しエビ」や「いわし」のようなカルシウムを多く含む食材をプレゼントしてあげて、何事にも動じない男の中の男になれるようにサポートして欲しい。

青柳 大成

 

工学部電子情報工学科

福岡県立八幡高等学校出身

 

 

この男、応援団に入団して半年になるが未だに謎多き人間なのである。急に激怒したり、涙を流したりしたと思いきや、数分後には仏像のようにすっと真顔になる時もあるのだ。これだけを聞けばただの情緒不安定な男だと言えるのだが、この男感情と一緒に手も出してくるのである。平手で叩いたり、拳で殴ってきたりしてきて、本人に敵意がないことは理解しているのであるがやっぱり殺意が湧いてくるのである。この男はお酒でも飲んでいるのではないかと疑ってしまうほどである。一度団室で暴れた際には前団長に本気で怒られたらしいとかなんとか。まさにサイ◯パスである。この男が団室に鈍器を持ち出し、人を傷つけることがないか我々団員は恐怖に怯えるばかりである。そんな男が我々に優しさを提供してくれる日を期待している。

重光 勇佑

 

理学部応用数学科

福岡県私立福岡大学附属大濠高等学校出身

 

 

この魚、メガネモチノウオはとにかくヤバいのである。
別名:ナポレオンフィッシュ(頭の形がナポレオンが被った軍帽に似ていることに由来する)
分類:ベラ科
分布:インド洋や太平洋の熱帯海域
生息環境:岩礁域やサンゴ礁域など
全長:1~2メートル
寿命:30年以上(魚の中では長い)
特徴:おでこが前方に突き出している
   厚い唇と大きな口がトレードマークである
   メスからオスへと性転換する
評価:好奇心旺盛でフレンドリーなので、ダイバーにとってはアイドル的な存在である
食べ方:カルパッチョ、ムニエル、天ぷら、唐揚げなど

、、、失礼いたしました。この男は重光勇佑でした。あまりに似ているため間違えてしまいました。このように魚みたいな顔でありますが、魚のように動きに滑らかさはなく、ロボットのようにガチガチなのであります。ぜひこの男を水族館で魚を観賞するような感覚で見に来てはいかがでしょうか。

鈴木 瑠衣

 

理学部応用数学科

沖縄県立宮古高等学校出身

 

 

沖縄から漂着したこの男。日頃は方言が出ないがふとした瞬間にびっくりするほどのイントネーションを披露する。一般市民の言う”断腸”が彼にとっての”団長”のイントネーションである。彼のイントネーションを直すのは本当に苦労する。一回の司会の間違えたイントネーションを直すのにまる3日かかるほど大変なのである。またこの男写真を撮るとなぜか不思議なことに面白い顔をしているのである。是非とも写真を撮って笑っていただきたい。

しかしこの男、太鼓を叩き始めるとキリッとした顔に変わり迫力ある太鼓叩きするので是非とも注目してほしい。