団員紹介

4回生 <幹部>

 仲里 脩平  < 第59代団長 >   

                  

 

  理学部応用数学科

  沖縄県立知念高等学校出身 

 

 歴代の団長の中で1,2位を競う程の迫力のあるこのお方。
応援に行かれると誰もが振り返り、鍛え上げた体、どこまでも響き渡る声、応援に対する姿勢は応援団としてあるべき姿を示されておられる。
 また、理系で教職課程も取られており人の倍以上の講義があり、体育部会の役員も務められておられる。これほどまで多忙なスケジュールをいとも簡単にこなされるのはこのお方が努力家であるがゆえである。
 二足の草鞋を履かれているこのお方の物事に取り組む姿勢は団員のみならず福大生をも目指すべきところである。

 森坂  直紀  < 副団長 >

                    < 九州応援推進ネットワーク副代表 >

                  

  法学部法律学科  

  山口県立宇部高等学校出身

 

 副団長として応援団を支えておられるこのお方。複数の活動に分かれていくときは団の統制、親衛隊隊長が不在の時には練習メニューの作成、リーダー長が不在の時には演武の指導とその仕事は多岐にわたる。この専門性の高い仕事の数々を難なくこなしていらっしゃる。
 また、後輩団員の相談も親身になって聞いてくださったり、きつく指導されて落ち込んでいる団員へのサポート等もなさっている。さらに応援団を離れた日常生活での話は面白く、成績は優秀であられ、音楽の才能を持ち合わせていらっしゃる。
 このお方無くして「福大応援団」は語れまい。

 山口  将   < リーダー長 >

                 

  法学部法律学科

  佐賀県立神埼高等学校出身
 

 福岡大学応援団にて鬼のリーダー長を務めておられるこのお方。後輩のリーダー演武ならびバッグ演武の向上を図られている。演武指導となれば休日返上はあたりまえ。幹部の中で最も厳しい指導で、出来が悪ければ、「出直してこい!」と言わんばかりの鬼の面で後輩を容赦なく叩きのめす。しかし、これらはすべて後輩への愛の結晶であり活動中に見せる鬼の表情とは裏腹に後輩一同の事をこの上なく思っておられる。
 また、団内No.1の確かな信頼と実績で、幅広い仕事を任され例え、表からは評価がされにくいことであっても完璧にこなされる。
 後輩一同に応援団員としてあるべき姿を示しておられるのである。

 原  知寛  < 親衛隊隊長・幹事長 >

               

 法学部法律学科

 佐賀県立佐賀東高等学校出身

 

 親衛隊隊長及び幹事長を努めておられるこのお方。持ち前の行動力は後輩団員の鑑である。親衛隊隊長として練習メニューの作成や後進の指導を担っておられる。また幹事長として部費の管理を初め活動を円滑に進めるために御尽力なされている。

 練習での指導はとても厳しいが、それは後輩団員の成長を思ってのことであろう。そんなこのお方、最近あることに頭を抱えていらっしゃる。それは団員の数が増え活動の幅が広がっていくにつれ、団の財政状況が火の車であるということである。

 それでも、このお方であればこれからの資金に奔走されることなく円滑に活動を回していかれることであろう。

3回生 <親衛隊>

釆原 弘樹    (渉内)

 

商学部商学科

大分県私立岩田学園出身

 

 

空前絶後のぉぉ!!!!!

超絶怒涛の応援団員!!

応援団を愛し、応援団に愛された男!!

校歌 チア(の女の子) ブラス(の女の子)が大好き

全ての応援団員の母校愛の生みの親!!

そう 彼こそはぁぁぁぁ!!!!!

釆原ーーーーーー弘樹

イエェェェェェーーーーーーーーーーイ!!!!!!!!

ジャスティス!!!!!!!!

 

田中 侑大   (副幹事)

 

経済学部産業経済学科 

宮崎県立宮崎北高等学校出身

 

団内一の高身長であるこの男。

先輩に上から目線で物申すも、気の弱さからか下から下からの言動で発言をしている。

普段からあまり口を開かず、常にケータイをいじっているこの男の笑いのツボが未だに掴めず、団員が予期せぬタイミングでいきなり笑い出し、その場を収集できない状況にしてしまう。

そんな心身ともに「ギャップ萌え」だらけのこの男に惹かれる女性が現れるのか今後が見ものである。

本田 賢志   (広報)

   

工学部機械工学科 

佐賀県立武雄高等学校出身

 


歴代で最も滑舌が悪いと名高いこの男。
この男は良くも悪くも滑舌が相当悪いのである。幹部の先輩方の逆鱗に触れるような発言をしても伝わらないまま終わることは数多くあった。それ以降、彼の福大応援団での役目は、下回生のミスを報告することになり、下回生が怒られる頻度を少なくしたレジェンドなのである。

矢野 友輝   (新人監督)

 

工学部電子情報工学科 

熊本県私立九州学院出身

 

甘いマスクと団員思いの優しさを持つこの男は、福岡大学応援団に(モテ期)という名の風を起こしてくれるだろう。我々もこの風に乗りたいものである。しかしこの男、見た目とは裏腹に、極度のアイドル好き。終いには彼女とより戻すよりアイドルを選ぶというとんでもない男なのである。
さらに、持ち前の甘いマスクで年上の女性を虜にしているどころか、地域の幼稚園児も虜にしている恐ろしい男なのである。
この男のさらなる飛躍に期待しつつ、この男と出会う女性達の行く末を心配しているのである

八納 萌瑛   (会計)

 

商学部貿易学科 

福岡県私立中村学園女子高等学校出身

 

 

福岡大学応援団歴代初の女性リーダー。
小柄な体格ではあるが、その見た目に反して人の倍以上の食事を摂取するという特徴の持ち主。大量の食事を前にしても軽く平らげることからアダ名は、とある大食い芸人を参考に「リトル八納」と付けられた。
どんなに食べても彼女の体格は変わらない為、団員達から福岡大学応援団七不思議の一つに数えられている。
そんな不思議系団員の活躍に目が離せない。

 

2回生

平岡 伸吾

 

法学部法律学科

山口県立大津緑洋高等学校出身

 

応援団唯一、女々しさ全開のこの男は、その女々しさと持ち前の世話好きと腰運びの良さにより、愛称が"し○ごママ"なのである。完全に女の子を凌駕してしまっているために、団員からの愛の囁きにいつも戸惑っている。さらに、冗談が通じないことが多々あり、この男の的確なツッコミでHeart Break してしまう団員がいるという噂はよく聞く話。そして、何かあるとすぐに顔に出るため、先輩方に気を遣わせてしまう強者なのである。女の子も顔負けするほどだ。この男が“オネェの国”タイに飛び立つ日はもう近い。今後のこの男が男前、いや、男の子になる日は来るのだろうか。乞うご期待。

桐 航洋

 

法学部経営法学科

長崎県長崎県立長崎東高等学校出身

 

 

 

ほとんどの講義を自主休講にするこの男。そんな男にもやっていることが二つだけある。それは甘い誘惑に負け入団した応援団と生活費を稼ぐためのバイトである。部活では鼓手として移動中は常に太鼓を管理・運搬を行い、応援中は太鼓を何時間も叩き続けており福岡大学応援団に必要不可欠な存在であるがここ最近、体にガタが来ており満身創痍で活動を行っている。バイトでは、一番下っ端で叱られることも多いがその反面パートのご年配の方々に大変可愛がられ、中高年のアイドル綾小路き◯まろと化しチアホヤとされている。部活では太鼓、バイトではご年配の方々と気の休まるときはない。暇そうで暇でない多忙を極める実情を知れば自主休講するのも頷けなくもない。だが団員一同この男に講義に出てほしいと願うばかりである。

 

田中 剣人

 

経済学部経済学科

福岡県立香住丘高等学校出身

 

 

 


この男、体がごつく目つきは悪く全く笑わないその姿はまさに強面。一度その目に見られてしまったら最後。じっとこちらをにらみつけられ、石になって固まってしまうとか。さらに、滅多に笑わず表情が一切変わらないので何を思っているのか分からず、団員はいつも困惑している。しかし、その姿だからこそ応援団としての気品が保たれているのも事実である。これからもその姿を継続してもらいたい。

角田 祥梧

 

工学部電子情報工学科

熊本県熊本市立必由館高等学校出身

 

 


1回生の中でただ1人リーダーをしたことがあるこの男。この男とても努力家なのである。例えば、部活が終わった後は、1人下に降りてガラスに映る自分を見ながらひたすら演武練習。遅くなって警備員さんに注意された回数は数知れず。家に帰ってからも窓に映る自分を見ながら演武の練習。そして隣の家の人からうるさいと苦情が来た回数も数知れず。福大応援団の中で1番練習をしていて1番注意を受けたのはこの男であるに違いない。またこの男は一人暮らしなので自炊をしているのだが、クック○ッドなどのレシピを一切見ずに自分で料理名から想像してご飯を作っている。レシピを見ないので、自分がこれ入れたら美味しくなるのではないかと思ったり、これを入れたら体にいいのではないかと思うものは、野菜だろうがサプリメントだろうがなんでも入れる。本人いわくレシピを見ながら料理を作るのは、自分に負けたと感じるらしい。レシピを見ながら作る方が絶対に美味しくできるのに自分に負けたように感じるからレシピを見ないというのは正直我々団員は理解ができない。この男が作った料理を食べた団員は全員体調を壊し2日ほど寝込んだりもした。しかし最近は料理の腕が上がったのか、料理を食べた団員の体の調子が良くなった。この男が演武と料理の達人になる日も遠くはないだろう。みなさんぜひこの男の料理を食べに来てはいかがだろうか。

大塚 朗

 

工学部電気工学科

長崎県私立海星高等学校出身

 


福大一ホークスを愛しているこの男。2016 年シーズンはリーグ優勝、日本一を共に日本ハムに許してしまい、自身の応援不足を深く反省していた。そんなこの男、柳田が達成できなかったトリプルスリーを今シーズン達成したのだ。連呼を毎日30回するという目標を立てるも続かず(三日坊主)、温厚な団長を激怒させる(仏の顔も三度まで)、最後に無駄な一言(三寸の舌に五尺の身を亡ぼす)という成績であった。トリプルスリーはトリプルスリーでも逆トリプルスリーである。来シーズンは「石の上にも三年」を座右の銘に、三拍子揃え、三年生に向けてがっちりと足場を固めてほしいところである。

新山 桃花

 

人文学部文化学科

福岡県立博多青松高等学校出身

 

 

福岡大学応援団に入団して以来、身長170cm近い巨体と、同学年の団員のみならず先輩団員すらも物ともしない凄まじい度胸によって、1年も経たない内に応援団の女王(クイーン)にまで上り詰めたこの女、根っからのS気質であるためか、発言一つ一つが極めてド直球であり、男性陣は皆この女に恐れおののいている。そのため応援団の男性陣は、この女の良き下僕(なかま)として常に神経を尖らせて生活することを強いられている。怖い。
そしてこの女には大きな野望がある。それは、現在応援団にて女帝(エンプレス)の座に君臨する八◯先輩を出し抜いて、自分が真の女帝として君臨することである。果たしてこの女が下剋上を成し遂げる日はやって来るのであろうか、私も下僕の一人としてビクビクしながら見守るとしよう。